Category
寺について
Category

お気持ちに寄り添った葬儀を執り行います

「四十九日」や「一周忌」等、仏教で決められた日に住職が故人のためにお経をあげる事を法要と言います。法要は故人があの世で幸せに過ごせるようにと祈りを込めて営むものです。また宗教的な意味合いを抜いて考えるならばご遺族様が一堂に会し、悲しみを分かち合ったり故人様を偲んだりと気持ちの整理を付けるための場でもあります。葬儀法要をお考えでしたら、ぜひみやま市にある金剛寺をご利用ください。

浄土真宗葬儀で最も大きな特長は、故人様は亡くなられてすぐに仏様となり極楽浄土へ迎えられているという点にあります。浄土真宗の教義自体が「教えを正しく聞けば現世でもあの世でも救われる」というものだからです。そのため故人様があの世で幸せに過ごせるようにとお祈りしたり死出の旅路についたりという概念がありません。お通夜から葬儀の流れが比較的簡素なのが浄土真宗と言えるかもしれません。

葬儀の流れについては宗派によりおおよそのしきたりがあるものの、どのような規模で葬儀を行いたいか、法要は全て行うべきかどうかといった点においては生前の故人様のご要望や、ご遺族様の意向を尊重して執り行う事ができます。故人様と関係の深かった方をお呼びするのか、それともご家族や近場にお住まいのご親族のみで済ませるかというのは大きな違いとなります。後悔なく故人様を送り出せるように、お互いの意思をしっかりとご確認なさってください。

RELATED

関連記事